地獄から見る人間の姿 梯信暁先生
2018年 02月 13日 (火) 17:32 | 編集

梯信暁先生プロフィール:一九五八年大阪市生まれ。大阪大谷大学教授。主著に『新訳往生要集(上・下)』、『インド・中国・朝鮮・日本浄土教思想史』(いずれも法藏館)など多数。 


 閻魔王に舌を抜かれ、針の山や鬼の責め苦にのたうち回る……。「地獄」と聞くと、おどろおどろしい世界を思い浮かべる。こうした地獄のイメージは、平安時代の僧、源信が書いた『往生要集』という書物での描写に負うところが大きい。今回ご登場頂く梯信暁先生は、この『往生要集』を十年間かけて現代語訳し、昨年法藏館から刊行された。発売直後から大好評で、書店でのトークイベントにも多くの読者が来場した。『往生要集』の魅力について梯先生に語って頂いた。

 

苦心の末に全体を訳し直す

 

 元々は、『安養集』という浄土教の典籍を研究されている梯先生だが、この全貌を知るには、『往生要集』をマスターする必要があったという。そこで、過去の研究者の訳を何度もひもといたが、表現や用語など難解な箇所が多く、読み解くのに苦労されたという。「今回の現代語訳では、私の若い頃の苦心も踏まえて、本文はとにかくやさしく訳すことを心がけました。ですが、どうしても仏教用語などには註が必要になります。表現は平易さを意識しつつ、註には最新の研究を盛り込むなど、かなり詳しく仕上がったと思います」。構想に十年を費やした『新訳往生要集』は、「浄土や地獄のイメージを分かりやすく伝えたい」という梯先生の思いが実を結び、博物館や一般書店でも大いに話題を呼んだ。

 

地獄は一定すみかぞかし

 

 現代人にとっては、地獄や浄土は縁遠い存在のようにも捉えられがちだが、本書の好評ぶりを見ると、やはり心のどこかでそうした世界に惹かれているのだろうか。

「仏教の世界では、地獄とはこの世で罪を犯した人が自ら思い描く世界と考えます。大切なのは、罪の自覚への有無といえるでしょうか。その自覚がない人は、犯した対象へも償いようがないですが、罪の自覚が芽生えると、地獄のイメージが立ち現れます。だから、極楽往生のために善行を積もうとします。私が思うに、地獄とは生き方を変えるきっかけになる存在かなとも思います。子どもたちは、お寺にある地獄絵図を怖がりながらも興味深く見ますね。ビジュアルに惹かれるのももちろんですが、罪の意識が大人ほど強くはないともいえるわけです。大人になると、誰だって、それが実体的ではないと分かっていても、地獄のような場所に行きたいとは思わないでしょ(笑)。「現世での行いによって、こんな地獄に堕ちてしまう」と『往生要集』にも説明があるし、大人であれば誰にでも思い当たることがあるからです(笑)。

『往生要集』には、実は地獄の描写はそんなに多くないんです。むしろ、それを避けて浄土へ行くための方法が具体的に書かれています。『歎異抄』に「地獄は一定すみかぞかし」という有名な一節がありますね。少しの修行も出来ない自分は地獄が住処となって当然だ、という親鸞の苦悩です。『往生要集』は、読者の人生が地獄に向かいつつあることを気付かせ、その生き方を修正して、極楽へと方向転換してゆくことを勧めた書だと言えます。親鸞は源信の執筆の意図をそのように理解したのだと思います。」。

惨たらしい地獄の様子は、この世を生きる私たちへの戒め。本書で地獄・極楽の世界を散策しながら、「私ならどう生きるか」を考え直す機会としたい。

IMG_9521ブログ用

趣味は落語を聞くこと。「桂米朝師匠の「地獄八景亡者戯」はよく聴きました」。(法藏館編集部にて)
146『ひとりふたり‥』2018 春彼岸号「著者に会いたい」に掲載。



今日は何の日
2018年 02月 09日 (金) 23:33 | 編集
今日は、漫画家 手塚治虫さんの命日。

平昌オリンピック2018
2018年 02月 08日 (木) 18:27 | 編集
今日の種目は、ジャンプとカーリング。

平昌オリンピック2018
2018年 02月 07日 (水) 18:25 | 編集
もうすぐ、第23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)いくつメダル取れるかな?

西村七兵衛個展開催案内
2018年 02月 06日 (火) 07:57 | 編集
作陶展は、弊社会長の趣味。作陶歴は、60年ぐらい。数年に1度個展を開いている。
西村七兵衛個展開催案内


copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...