『ひとりふたり・・』クロスワード応募ハガキ
2017年 12月 26日 (火) 20:31 | 編集
法藏館が発行している小冊子『ひとりふたり・・』にて、クロスワードに回答して応募していただけたら、抽選でプレゼントをお送りするという企画がある。
今日、145号(報恩講を迎える)の、応募ハガキが、社内回覧で回ってきた。
回答以外にも、一文添えてくださっていて、読後感想だったり、生活の中で気づかれたことだったり、
お孫さんと一生懸命クロスワードを解いたというご様子だったり、法藏館へのエールを賜ったり。
拝読させていただいていると、本紙が、ささやかながら、読者の皆様の生活の一コマになっているのだなあと実感できて、
本当に励みになるのです。
全員当選! というわけにはいかないのですが、
ハガキをお送り下さる皆様全員に、
心から感謝の念をお伝えしたいと思っております。

編集T

発送物が年内に届かない!?
2017年 12月 25日 (月) 16:52 | 編集
いよいよ年の瀬も押し迫り、編集部は必死の形相でゲラを著者に送ったり、校正者に回したり、としております。
年内に送るか、年明けになるかで、1週間の差が生じますから、これはもう必死です。

宅配業者さんも、とても混み合っているようで、佐川急便さんから、東北・北海道・九州への荷物は、年内お届け不可、と、連絡が入り、編集部は、阿鼻叫喚の声が飛び交いました。

よかった・・・。金曜日のうちに、新刊の著者代送を26件、発送しておいて。ぎりぎりでした。
土日をはさんで月曜発送だったら、えらいことになってました。
もっとも、ヤマト便さんからは、まだそのようなお達しがないので、大丈夫かも知れませんが、
こちらもいつパンクするかわかりません。
年末は、どこも、大忙しです。

桜井俊彦先生と慰労会をしました
2017年 10月 27日 (金) 16:30 | 編集
桜井俊彦先生のご著書『インド仏跡ガイド』『やわらか子ども法話』につづき、このたび、桜井鎔俊先生の名著『教行信証を読む』に索引を増補した、『新装増補 教行信証を読む』(2400円、2017年10月刊)刊行を祝って、各編集担当者および、社長・編集長もお招きいただきての慰労会がありました。

場所は、京都の出町柳にある印度料理店「MAAYA(マーヤ)」

今年の2月、桜井先生がインド仏跡旅行に行かれたとき、宿泊したホテルでたまたま出会ったのが、MAAYAのオーナーさん。
これまた、たまたま桜井先生が持っていた『インド仏跡ガイド』のチラシと書籍を渡したら、ホテルに置いてくださったというご縁で、このたび、打ち上げの会場になりました。

桜井先生は常に、財布や鞄の中に、チラシを入れて持ち歩き、つきあいで飲み屋に行かれても、さっと出して、10冊注文をいただいて来られたり、頭が下がるほどの営業をしてくださる先生です。
この日は京都でお泊まりになり、翌日は、ご出身地である石川県に赴かれ、北國新聞社の取材を予定。新刊紹介記事を掲載していただけることになっているそうです。さらに、七尾の方まで足を伸ばして書店営業にも行って下さるとか。

先生がおっしゃられるには、仏教を伝えたい一心とのこと。しかも、できれば子どもの頃から仏教の教えに触れてもらいたい。
大人になって変な政治家になってからでは遅いから・・・と、冗談めかしておっしゃっておられました。
その一心には、本当に、頭が下がる思いです。版元としても、うかうかしていてはいけませんね!

編集T




桜井俊彦先生と打ち上げ


姫路皮革物語
2017年 04月 14日 (金) 16:55 | 編集
昨日、林久良先生がご来社くださり、『姫路皮革物語――歴史と文化』をご恵贈たまわった。

なんと、写真掲載されているものは、すべて林先生ご自身のコレクション!
江戸時代から昭和までの、姫路が誇る皮革製品が写真掲載されている。
鎧甲冑などの武具、馬具、胴乱、一つ提げ、道中傘、薬箱、藩札入れ、
文庫、文筆入れ、たばこ入れ、張扇、ランドセル、野球ボールなどなど。
これらすべてが、林先生のコレクションというのだから、驚きである!

明治期には、姫路の皮革技術は、万国博覧会で世界から高い評価を受ける。
・ウィーン万国博覧会(1873年<明治6>)
・フィラデルフィア万国博覧会(1876年<明治9>)
・パリ万国博覧会(1878年<明治11>)
・シカゴ・コロンブス万国博覧会(1893年<明治26>)
・パリ万国博覧会(1900年<明治33>)
・アメリカ・セントルイス万国博覧会(1904年<明治37>)
つい最近も、大英博物館で展示をしないかという話もあったようだ。
(残念ながら、実現しなかったらしい)

皮革史の研究は、じつはあまり進んでいないとのこと。
技術と歴史の両軸に立った皮革文化史の研究が出てくると
複雑で豊かな文化の一面が見えてくるのだろうなあと思う。

 *

さて、林先生といえば、『仏教にみる差別の根源――旃陀羅―餌取法師の語源』(1997年、明石書店)
の著者であり、法蔵館とは少なからずご縁がある。

「是旃陀羅」の語をめぐって関係各位が差別克服に向けて取り組んでこられた中で、
香月院深励『観無量寿経講義』を法蔵館が断り文なしに復刊したことが、どのような意味をなすのか、
その出版姿勢を厳しくお叱りになられた方である。
そのご論考を繰り返し読み、事情と経緯を学び、
2016年7月20日付けで、「編集室のブログから」に一文を掲載させていただいた。
http://hozokan.blog67.fc2.com/blog-entry-1609.html

林先生は、これを読んで、法蔵館にお電話をかけて下さったとのこと。
そして、じっさいにお会いすることができたわけである。
編集者冥利につきるご縁である。

編集T



姫路の皮革物語


共同通信社さんの取材を受けました
2017年 03月 23日 (木) 17:50 | 編集
本日、共同通信社文化部の記者さんがご来社。
「ルポ潮流」という企画で、京都の出版社のひとつとして、法蔵館を取材してくださりました。
せっかくなので、江戸時代~明治期の版本をご覧いただき、
板木蔵もご案内しましたところ、初めてご覧になられるということで、
「うわぁ!すごいですね!」と歓声をあげておられました。
記事の配信は4月の上旬予定。
全国の地方紙に順次掲載されると思います。
思いを人に話すことで、改めて自分のことがわかるということがよくありますね。
優秀な記者さんの鏡に映し出された法蔵館がどのように映るのか、
記事がとても楽しみです。
編集T
取材中の共同通信社さん



≫ "共同通信社さんの取材を受けました" の続きを読む...
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...