地図のない仕事と売れない本
2017年 02月 13日 (月) 15:54 | 編集
先週は、2件、出版のご相談を受けた。
どちらも地図のないところを踏査し、誰も知らないことを調べるという
まだ誰もやっていないご研究(踏査)のお話であった。
実際のお会いして、そのお原稿を前にし、その途方もない迫力にただただ感嘆した。

出版の価値はいろいろあると思う。
時代の最先端を切ってみせるベストセラーになるような話題書もあれば、
読者が500人にも満たないような地道な研究成果を示す本もある。
地道な踏査や調査報告や翻刻作業などなどの研究成果がピラミッドの底辺だとしたらば、
それを元に論を展開する研究書がその上に乗っかり、
それを一般知識人向けに編み直した準学術書が生まれ、
そして、それらの研究成果をたぐいまれな才覚で
一般書を書き上げる著者もおられるだろう。
そして、そのどれもに出版の意義があるのだ。

しかし残念ながらピラミッドの基底となる研究書は必ずしも売れるとは限らない。
いや、むしろはっきり言ってしまえば、ほぼ売れないのである。
でもこの基底部分をなす研究書を刊行し続けないと
その上に成り立つはずのピラミッドが貧弱になる。

学術出版社のはしくれとしては、こういった基底部分の研究成果を
歯をくいしばってでも何とか出版し続けていきたいと考えている。
それが長い目で見たときに、研究が進展し、学会が活性化につながり、
ひいては、学術書が少数ながらでも売れる
文化の維持につながることだってあるかもしれない。
もっといえば、法藏館で本を出したいと思って下さる
気鋭の若手研究者も現われるかも知れない。

こんなことを考えながら売れにくい学術書を出し続けておりますので、
渾身の論考をまとめられた皆様、どうぞ法藏館にご一報下さいませ。

編集T



潮弘憲著『南山進流 声明大系』2月下旬刊行!
2017年 02月 09日 (木) 16:32 | 編集
2月2日のブログで、白焼き状態でしたが、2月8日に刷りとりの段階まで進みました。
印刷所で刷了となり、1台16頁分に折った状態です。これから製本にかかります。
2月22日の出版祝賀会が、ご披露の場となるかと思います。
販売はそれ以降の予定となっておりますので、ご予約下さいました皆様、
どうぞご期待下さいませ。

【余談】
さて、製本前のこの段階に印刷のミスなど発見すれば、
工程を一時ストップさせて、その訂正の台だけ修正、印刷し直すことができます。
リスクは最小限。
でも、ひとたび製本にかかってしまえば、そうはいきません。
それもあって、印刷所は必ず製本直前の刷りとりを持ってきて下さるわけですが・・・・・・。
何かあったらどうしよう、いや、もう何かあってもしょうがないや
という気持ちもわいてきて、なかなか真剣に見られないものです。
たいていは、何もないものなのですが、何年かに一度、
ここで発見しておけばよかったー! 
という印刷事故も、実はあるのです。
どうか何事も起こりませんように。
編集者は最後の最後までドキドキしています。

編集T

image1.jpg


平松令三先生の論文集、鋭意編集中です!
2017年 02月 08日 (水) 17:38 | 編集
本日、山田雅教先生と金信昌樹先生が、法藏館4階にて、
終日、平松先生の論文集の編集作業を進めて下さっております。

平松先生の数ある遺稿論文のなかから厳選し、下記の2冊として刊行予定です。
  『親鸞の生涯と高田門徒の展開』
  『親鸞の真蹟と真宗の美術』

どうぞ、ご期待下さい!

編集T

平松著作集編集会議0208


白焼き祭り開催中
2017年 02月 02日 (木) 14:19 | 編集
2月は新刊が11点刊行予定となっております。
校正作業も佳境に突入。最終校正となる念校を印刷所に返すと、
印刷直前の段階である「白焼き」が印刷所から出てきます。
目次のノンブル(頁数)をチェックしたり、柱をチェックしたり・・・・・・、
ああ、なぜでしょう。あれほど念校校正でも見たはずなのに、
白焼きになると、なぜか気づいてしまうことが多いのです。
そこでふせんを貼り、印刷所に最終訂正をかけてもらいます。
白焼きを印刷所に返せば、いよいよ印刷→製本→納品。
2月末の納期に向けて、複数の白焼きが出てきています。
いよいよ本格的に白焼き祭り期間に突入です。

IMG_1905[1]

編集T

柳田聖山語録(その5)
2017年 01月 31日 (火) 19:44 | 編集
「学問をする者に、忙しいという言葉を使うな」

これは、柳田先生のお宅へ校正をお持ちして、ご返却時期をうかがった際のこと。
ついうっかり「お忙しいとは思うのですが・・・・・・」という一言を言ってしまったのである。

すると、にわかに目をいからせて、けしからんと一喝された。
学問をする者に対して「忙しい」という言葉を使うとは何事か。
そんな考えなら、もう帰れと追い返されてしまったのである。
なるほど、「忙しい」は世事にかまけるということ。
そんなことにも思いをいたさず、うかうかと言ってしまう姿勢をぴしゃりとやられた。



そういえば、信楽峻麿先生にも似たような逸話があったと聞いたことがある。
大学院の授業でのこと。前の週に指定された本について、
一人一人に質問をされて行かれていた時、ある学生が
「忙しくて、読めませんでした」と答えた。
その一言を聞くやいなや、途端に信楽先生の表情が険しくなり、
一言も発さず黙られたまま、1時間を終えられた。
授業の鐘が鳴るまでの無言の時間が、どんなに恐ろしかったか・・・・・・。
その授業を受けていたお弟子さんから聞いた話だ。

以来、「お忙しいですか」という言葉は、あまり使わないようにしている。

編集T

copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...