研究ができるのも「支え」があってこそ 大谷由香先生
2017年 05月 10日 (水) 10:54 | 編集
プロフィール:大谷由香(おおたに・ゆか)一九七八年香川県生まれ。龍谷大学特任講師。二〇一七年二月に『中世後期 泉涌寺の研究』(法藏館)を刊行。

研究ができるのも「支え」があってこそ

 京都市東山区にある古刹、泉涌寺(ルビ・せんにゅうじ)。皇室の菩提寺、「御寺」(ルビ・みてら)としても名高く、桜や紅葉のシーズンには多くの観光客が訪れる。しかし、その歴史には不明な点が多く、また応仁の乱をはじめ度重なる火災により、古文書もあまり残っていない…。大谷由香先生は、そんな謎を秘めた大寺院の歴史を、新発見の史料などで解き明かした気鋭の研究者だ。
 
仲間の存在を「支え」として

大谷先生は現在、龍谷大学で「仏教の思想・教学史」を教えている。しかし先生は、もともと仏教学に強い関心があって進学したわけではなかった。入学後の講義も難しい内容ばかりで、しっかりと興味を持てるようになるまでには長い時間を要したという。「当時は、歴史や仏教文化をテーマにした授業に多く出席していました。思想や教学には、ついていくのに本当に苦労しました(笑)」。転機となったのは卒業論文の作成だった。そこで研究の面白さに気づき、大学院への進学を決意する。大学院といえば、さらに深く学問を追究する場でもある。そこでついに仏教学を本格的に学ぶことになった。高いハードルに音をあげそうになったことは数知れず……しかし、きつい日々を共に過ごした同級生の存在が、先生の「支え」となった。「すばらしい仲間に恵まれたおかげで、あの時期を乗り越えられたと思います。今でも本音で話し合える貴重な存在です」。



研究の面白さにはまってからは、様々な研究者に導かれながら、次々に新しい発見を発表し、ついに『中世後期 泉涌寺の研究』を上梓するに至る。「この本は、『視覃雑記』(ルビ:したんざっき)という史料を素材に、泉涌寺がどのように発展していったかを調べました。泉涌寺の歴史は不明な点が多かったのですが、今回の出版により少なからず空白を埋められたかな、と思っています。もちろん、ここまで来られたのは多くの人々の支えがあったからこそです。それと、ようやく「仏教・真宗っていいなぁ」と思えるようにもなりました。お寺や仏教に反発していた時期もありましたけど、色んなご縁に恵まれたおかげで今があるとつくづく感じます」。
家族や同級生の存在、そして研究を続ける馬力と執念、そうした何本もの「支え」が先生の活動の原動力となっている。これからも着実に歩を進めていかれることだろう。

大谷由香先生写真
「いつか、女性・母親ならではの視点からみた仏教についても書いてみたいですね」と語る大谷先生。穏やかな語り口だが、その志は熱い。(法藏館4階にて)
143『ひとりふたり‥』 2017 お盆号「著者に会いたい」に掲載
スポンサーサイト


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...