スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第2回「斎藤茂太賞」最終候補作品にノミネート
2017年 04月 05日 (水) 16:07 | 編集
一般社団法人日本旅行作家協会さまより封書が届き、

村上大輔『チベット 聖地の路地裏――八年のラサ滞在記』が、
第2回「斎藤茂太賞」最終候補作品にノミネートされたとお知らせいただきました。

またもや最終選考ノミネート!
ついては、3冊献本と、最終審査の資料として1)作家略歴と2)作品概要(1500字程度)を送れとのこと。
献本はまったく問題ありませんが、1500字って相当な分量です。
さて、弱ったな。何をどう書けばよいのかな。
そもそも審査員は本をちゃんと読んでくださるのかな。

編集T
スポンサーサイト


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。