潮弘憲先生密教学芸賞受賞祝賀会
2017年 02月 22日 (水) 15:04 | 編集
2月22日、潮弘憲先生の密教学芸賞受賞祝賀会がありました。

『南山進流 声明大系』全2巻(1200頁、本体28000円)の編集は、
この祝賀会に間に合わせるために、ラストスパートをかけていたのですが、
おかげさまで、2月20日に無事、製本所より納品。
担当者としては、ホッと安堵。
会場にテーブルをつくっていただき、無事、ご参会の皆様にご披露することができました。

そもそも、音や声を言葉で説明するというのは、極めて困難。
にもかかわらず、なぜ、このような書が必要なのか。
下記の、潮先生の序文(一部抜粋)に、その思いがあらわれている。

「法会とは三宝または亡者に対する供養である。その供養の原語は梵語pUjで、尊敬する、崇拝する等の意味がある。もちろん声明も供養のためであるので、尊敬の念、敬いの念をもつてお唱えしなければならない。ところが、近年、声明のごく一部であるが、曲節が異なり合わないために、法会が雑然とし厳粛さに欠け、諸尊への供養にならないのではないかとさえ思える場面がしばしばある。(中略)
 そこで、三宝への真の供養のため、また法会で参詣者が諦聴(十法行の一)すなわち心を込めて声明を拝聴して信仰を倍増していただくためにも、進流の声明がどこの地域の法会であっても、そこで唱えられている声明にぴたりとそろえられるように、筆者のわかる範囲内で、異なる曲節のみであるが、数説をあげ校合させていただいた。
 向後、この本書が南山進流声明の興隆の一助になれば、著者として法幸この上もない次第である。」

諸尊への供養の声、参詣者の信仰心を倍増させるはたらき。
編集のご縁をいただき、心を澄ませて聴聞してみたいと思っている。
20170303093647b5b.jpg


編集T
スポンサーサイト


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...