スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長谷岡一也先生と打合せ
2017年 01月 23日 (月) 11:28 | 編集
本日は、長谷岡一也先生のご自坊へ、『華厳経法界品梵蔵漢索引』の校正の打合せに行って参りました。
索引の校正紙を前にして、このサンスクリッ語を、チベットではこう訳し、漢語ではこう訳している・・・・・・、
と説明して下さいました。「浄願」「妙願」「本願」、サンスクリット経典を、中国の先師たちが、
苦労されながらもその本意を伝えようとしていく様子が、索引をながめるだけでもうかがうことができます。
長谷岡先生でなければできない、素晴しいお仕事。
出版のご縁をいただいたことに、ただただ感謝の一言です。

編集T
スポンサーサイト


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。