絵を通して、「仏教」を伝えたい とよだまりさん
2016年 09月 06日 (火) 23:59 | 編集
プロフィール:とよだまり…福岡県生まれ。京都造形芸術大学大学院修士課程修了。NHK連続テレビ小説『てっぱん』『純と愛』などで絵画指導を担当。二〇一六年には、法藏館より刊行の『カルダとウバカルダ』にて初の絵本挿画を担当。

絵を通して、「仏教」を伝えたい

 今号の「著者に会いたい」は、アクリル絵の具でキャンバスいっぱいに作品を描く気鋭のアーティスト、とよだまりささんをご紹介しよう。とよださんは、真宗僧侶でつくるクリエイター集団「コトイロ」とともに、新刊『カルダとウバカルダ』の挿画を手がけている。本作品にかける意気込みをうかがった。

「コトイロ」との出遇い

 『カルダとウバカルダ』は、仏教説話「共命の鳥」を題材としている。「コトイロ」のメンバーは改めてこの話を読み直し、「難しい」「とっつきにくい」というイメージを極力払拭した形で表現できないか、一年近く構想を練り続けた。「コトイロ」の考えてきたことをビジュアルで伝えられるのは誰か……そこで、とよださんに白羽の矢が立った。実はとよださんにも、「仏教説話の絵本をいつか手がけたい」という思いがあり、お互いの「やりたいこと」が一致したのだ。とよださんはいう。「ひとりぼっちになったときでも、この絵本を開いて安心できるものにしていきたいです。寂しくなったときに寄り添える存在になればと願っています」。

回り道――芸大から中央仏教学院へ――

 とよださんの実家は、福岡県のお寺だという。こどものころから絵を描くのが好きで、周囲に描いた絵を喜んでもらえたことが嬉しく、さらに描き続けた。やがて京都造形芸術大学に進学するまでになった。ただ、「やはり私の根っこにはお寺の生活があって、その環境で絵を描いてきたことにも何か意味があるんじゃないか」と、次第に自身を客観的に見つめる時間が増えた。そしてあるとき、宗教と芸術とのつながりを深く感じ、それを機に、京都にある中央仏教学院に進学する。「自分を包んできた「真宗」しかない、という感覚が良い意味で壊れました」という。いわば、とよださん自身の中での「真宗」のイメージが変化したのだが、それは「もう一度真宗の感覚に浸かり直したい」という、清新な目線で真宗を学び直すことだったようだ。

共に伝える・伝わる

 中央仏教学院を修了した後、とよださんの作風にも、色使いや作品の発想に少しずつ変化が表れるようになったという。それから「自分にとって「仏教を伝える」ってどういうことか? 布教ってどういうことか?」と、さらに自身を見つめるきっかけにもなった。ただ、とよださんにとって「絵を描く」こととは切っても切れない関係。やはり「絵を通して仏教を伝えていく」という答えに行き着いた。「制作中は、この作品をどうやって伝えるかを考えるので、自分との対話の時間になります。これから先も、ずっと私なりの仏教の伝え方を模索しながら描いていくと思います」。仏教の持つ「あたたかさ」を絵で表現していきたい――その思いの結晶である『カルダとウバカルダ』の完成に向け、現在ラストスパートをかけている。どうぞご期待下さい!

とよだまりさん
作風や世界観など影響を受けた作家に棟方志功を挙げるとよださん。(浄土真宗本願寺派総合研究所内にて)
140『ひとりふたり‥』 2016 報恩講号「著者に会いたい」に掲載
スポンサーサイト


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...