大分県へ出張販売その後
2016年 04月 26日 (火) 23:58 | 編集
地震の影響は、この宇佐では見受けられなかった。
大分市内まで車で1時間かかるが、1つ手前のインターで高速道路が閉鎖されていた。
そのため、1時間半かかった。
大分市内の書店を訪問し営業終了。
大分と言えば温泉。
駅前に温泉があるではないか?
大分なのにあたみ温泉!?
中に入ると脱衣場。
古くからあると思われる下駄箱、脱衣棚。
その片隅に、自動あん摩椅子(マッサージ器とはいいがたい)。
いかにも昭和の時代を思わすものだ。
浴室に入ると、湯船が2つ。
ぬるい湯と熱い湯。
私には、どちらも同じだった。
ライオンか何かわからないが、口から温泉が出てるかけ流しだ。
この建物を建てた職人さんが小手で作られたそうだ。
何ともいえない。レトロな雰囲気のお風呂でした。
あたみ温泉入り口
スポンサーサイト


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...