5月地下ショーウィンドウ
2016年 05月 10日 (火) 14:15 | 編集
日中は少し汗ばむほどの季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今月も地下道ショーウィンドウの展示替えを行ないました。
テーマはずばり…「装丁」です。

5月ウィンドウ

内容はもちろんですが、本のイメージに合わせたり、お客様の目に入るようなデザインを考えたりと、装丁も一冊一冊こだわって製作しております。
今回の展示では法蔵館刊行書籍の表紙を展示しております。
こんな本があったんだなぁ…この本の表紙がきれいだなぁ…なんて思いながらご覧いただけると幸甚です。

また、展開書籍は以下のとおりです。
〔最新刊!〕
・『親鸞教学の特色と展開』 梯 實圓著 本体価格7,000円+税
・『親鸞聖人の生涯』 梯 實圓著 本体価格1,800円+税
〔重版出来!〕
・『人口減少社会と寺院』 櫻井義秀、川又俊則編 本体価格3,000円+税
・『真宗門徒はどこへ行くのか』 蒲池勢至著 本体価格1,800円+税
〔法蔵館書店4月売れ行きベスト3!〕
第1位『誤解された親鸞の往生論』 小谷信千代著 本体価格1,000円+税
第2位『親鸞』(ミネルヴァ書房刊) 末木文美士著 本体価格2,800円+税
第3位『ボランティアは親鸞の教えに反するのか』 木越 康著 本体価格1,600円+税

表紙が展示されている書籍も、展開書籍も全て法蔵館書店に並んでおります。
実物を手にとって見てみたい…そんなときは、是非法蔵館書店まで足をお運びくださいませ。

営業部H
スポンサーサイト


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...