コミミズク?
2015年 03月 17日 (火) 11:02 | 編集
しばらく前になるが、久々に家族で河川敷へピクニックに出かけた。昼食も済ませ、近辺を散歩していると、土手に人だかりが・・・。
「なんだろう?」と思い、そこへ行ってみると、カメラを担いだ人びとで一杯!
そのうちのお一人に、「何かあるんですか?」と尋ねると、「今、コミミズクという珍しい鳥が越冬に来ていて、それを目当てに撮りに来ているんですよ」という。コミミズク!?初めて耳にする方も多いかと思うので、詳細情報を載っけておこう(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%82%BA%E3%82%AF)。
ちなみに、鳥を写真に納める人を、「バーダー」というらしい(フムフム)。
日本でこの鳥を見られる場所は限られているらしく、大阪の、しかも我が地元に飛来してきているとは、なかなか感激ではないか!しかも、10羽ほど来ているというから、かなりレアな光景のようで、バーダーにとっては垂涎のネタというわけだ。せっかく遠方から来ている人もいるのだから、町おこしのネタにすれば良いのになー。

で、なぜコミミズクがこんなにたくさん来ているのか、色々な人に聞いてみたが、どうやら去年河川敷にあったゴルフ場が撤退し、それまで整地されていたところが一気に草っ原になったため、野ネズミが大量に繁殖したようで、それが越冬するコミミズクの格好の餌場になった模様・・・。そりゃー過ごしやすいワケだ。コミミズクたちも、バーダーにすっかり慣れているらしく、愛嬌も振りまいているとか(笑)。

・・・・・・

そして3月。最近地元で写真展が行われ、コミミズクの作品も多数展示されていた。でも、彼らはもうほとんど今はいないようで、大半は南方?に飛び立ったそうだ。今年の冬も、また可愛い顔を見せに来てほしいものだ。
IMG_5052.jpg

編 akkii
スポンサーサイト


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...