年始の売り上げ
2015年 01月 15日 (木) 23:02 | 編集
新年会でのあいさつは、年末年始の売上が報告された。
全国前年対比わるい。
関西だけを見てもさらに悪いが、三が日と1週間を見比べるとよくなっている。
それだけ雪の影響が関西では大きかった。
この年末年始によく売れた本は、分厚い728頁もある本体5,500円もするみすず書房のピケティの本が飛ぶように売れたとのこと。
専門書が売れないと言われる近年、出版業界にとって、良い話だ。

21世紀の資本
LE CAPITAL AU XXIe SIECLE
著者トマ・ピケティ訳者山形浩生訳者守岡桜訳者森本正史

経済的格差は長期的にどのように変化してきたのか? 資本の蓄積と分配は何によって決定づけられているのか? 所得の分配と経済成長は、今後どうなるのか? 決定的に重要なこれらの諸問題を、18世紀にまでさかのぼる詳細なデータと、明晰な理論によって解き明かす。格差についての議論に大変革をもたらしつつある、世界的ベストセラー。
http://www.msz.co.jp/book/detail/07876.html
スポンサーサイト


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...