ああ、奈良の鹿…。
2014年 07月 02日 (水) 10:22 | 編集
7月に入りました。関西ではちっとも雨が降らず、水不足にならないか、ちょっと心配な今日この頃です。そろそろ琵琶湖の水位が気になります。

さて。先日、愚息どもが小学校の土曜参観の振り替え休日で月曜が休みになり、実家で預かってもらったときのこと。さすがに小学校2年生の男児2人を1日中家で見るのは忍びない、ということで、わたくしの父が愚息どもを奈良に連れていきました。

愚息どもは奈良に行くのは初めてだったのですが、そのうち、動物が苦手な長男は、子鹿にまでバカにされて追い掛け回され、半泣きになって逃げまわる一方、動物が好きな次男は、親鹿の毛づくろいをしたり、しまいには鹿にもたれかかったりのしかかったりして大いに親交を深めてきたそうです。同じ背格好の少年2人が、片方は半泣きで鹿から逃げ回り、片方は鹿とお友達になり、ジャンル違いのお馬鹿さんたち。通りかかった外国人観光客の方々は、その様子を面白がって思いっきり写真を撮っていたとのこと。世界のどこかで、「鹿とたわむれる少年」と、ネット上にアップされていないか、心配です。


編集O




スポンサーサイト


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...