平成26年5月のウインドウ
2014年 05月 16日 (金) 14:38 | 編集
連休もあっという間に終わり、夏も目前ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか

さて、法藏館では京都駅地下街「ポルタ」のショウウインドウに新刊をご紹介いたしております

4月に刊行された新刊は、3点になります(価格は、本体表記です)


①『仏教社会福祉入門』
(日本仏教社会福祉学会編、1,800円)

②『同朋会運動の原像』
(大谷大学真宗総合研究所真宗同朋会運動研究班編、3,600円)

③『江戸初期の四国遍路』
(柴谷宗叔著、8,500円)



また、3月の刊行分も継続して設置しております。

①『醍醐寺新要録』
(醍醐寺編、28,000円)

②『増補版やわらかな眼』
(内藤知康著、1,500円)

③『天台学探尋』
(大久保良峻編、3,600円)

④『ブッダの変貌』
(末木文美士・林淳・吉永進一・大谷栄一編、8,000円)

⑤『妙貞問答を読む』
(末木文美士編、9,000円)

⑥『九州真宗の源流と水脈』
(中川正法・緒方知美・遠藤一編、3,000円)

⑦『親鸞聖人は何を求められたのか』
(真城義麿著、1,900円)

⑧『恵信尼さまの手紙に聞く』
(寺川幽芳著、1,300円)




そして、今法藏館では書店・商品管理のアルバイトを緊急募集中です。詳細は、弊社ブログにも記事がアップされていますので、「我こそは」という方がいらっしゃいましたら、是非お問い合わせ下さい(募集期間は5月20日までとなっております)


6月も、色々情報を発信して参りますので、是非ご注目下さい


平成26年5月ウインドウ① (最新)


スポンサーサイト


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...