老々介護の意味が分かった
2014年 03月 29日 (土) 23:32 | 編集
最終土曜日は、出勤日だ。
義父が、入院した。
つい数ヶ月前までは、車を運転していた。
骨折が、原因でリハビリをしていたが、
突然トイレで倒れた。
女手では、運べなかった。
救急車呼び、病院に運ばれた。
自宅に戻ってから、益々やせ細ってきた。
ヘルパーさんが来てくれるが、やってくれることにも制限がある。
食事がのどを通らなくなった。
体重も減り、見た目も骨と皮の状態。
そして、入院することになった。
毎日、食事の時間に連れ合いは、病院へ出かけていく。
連れ合いには、申し訳なく今日も出勤。

人生、明日は何が起こるかわからないと感じた。
昨日よりも今日がいいと思える1日を過ごそう。と
よく学生時代に戻りたいと聞くが、私は、今日が一番だと思って今日を過ごしている。
スポンサーサイト


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...