FC2ブログ
東京国立博物館  特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」
2018年 02月 19日 (月) 22:15 | 編集
東京国立博物館で、2018年1月16日(火) ~ 2018年3月11日(日) 特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」 が開催されている。10万人の来場者になったそうだ。
秘仏や本尊を含む仏像など66体が見れたり、
弘法大師空海ゆかりの国宝「三十帖冊子」が公開されている。
普段国宝だから見れないので、すごく貴重な機会です。
複製でよろしければ、法藏館で国宝になる前に撮影したものを販売しております。

国宝 三十帖策子


国宝 三十帖策子
原寸大完全復刻
総本山仁和寺監修
粘丁綴32帙 原寸版 総頁3080・墨付2335頁 1984.11
978-4-8318-5600-5 法蔵館
税込1,566,000円

平安初期,空海が「寝食を忘れて書写に労」され請来された新訳の経典集で,密教弘通に,日本文化史上にかけがえのない役割をはたし,伝橘逸勢筆や唐人の筆など書道上からも貴重なものをコロタイプ印刷で復元。十地経2巻もあわせて収録。解説=小田慈舟・佐和隆研・中田勇次郎(別冊和綴仕立)全32帙
*受注制作となりますので納品までにお時間を頂戴致します。
ご注文は、法藏館書店へ

スポンサーサイト
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...