奈良が暑い!
2014年 07月 30日 (水) 12:27 | 編集
奈良国立博物館で行われている「国宝 醍醐寺のすべて―密教のほとけと聖教―」展へ行ってきました。
古文書・聖教約7万点が国宝に指定されたことを記念して、醍醐寺の選りすぐりの御宝物が一同に拝観できます。
内容も充実している上、展示品数も多く、醍醐寺の魅力を堪能してきました。

印象深かったのは五大堂安置の五大明王像。
1体だけ平安時代の作で、他の4体は江戸時代作。
平安時代の像は、底知れぬおどろおどろしさを感じたのですが、江戸時代の作はすっきりした印象を持ちました。
うーん、なぜだろう? 同じ明王像を作っても、作品が醸し出す印象は作る時代によってこんなにも変ってしまうものなのかしらと不思議に思いました。

ところで、その日の京都38度。しかし、奈良も暑かった! 
暑さのためでしょうか? 奈良公園の鹿たちは肩で息をしていました(本当にそう見えたんです!!)。
でも、博物館のなかはうってかわってクーラーが効いていて快適です。
避暑もかねてぜひ行かれてみては。
開催は9月15日まで。

編集ゆ

スポンサーサイト
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...