自然がいっぱい
2011年 08月 31日 (水) 11:03 | 編集
夏も終わりですね。
以前、ダンナが会社の帰り道にカブトムシを捕獲したお話しを書かせていただいたことがありましたが、今度はコクワガタが家の前に落ちていました。正直、カブトムシの時は、どこかのお宅で飼っていたのが脱走したのかとも思ったのですが、コクワガタなんてわざわざ…? と。

ちなみに、お恥ずかしい話ですが少々呑んで帰りが遅くなり、小さな虫かごに入っているのを見たときには、コガネムシかカミキリムシだと思って、「誰や! こんな害虫をつかまえてきたのは!」と怒ったのですが、お風呂から上がって酔いの醒めた目でよく見てみると、小さいながらもクワガタさまではありませんか! 急いでとっておきの甘夏の花の蜂蜜を水に溶かして丁重におもてなしをしたわたくしでありました。一応、喜んでいただけたようです。

なお、コクワガタはしばしば我が家の近辺で目撃されるそうで、やはり近くに生息地があるようです。冬には、住宅街のドブ川のような用水路を、野生の鴨がペタペタ歩いていたりします。でも、すぐ近くには名神高速が通っておりまして、空気はものすごく悪そうなのですが。不思議な場所です。

自然は意外に身近に残っているのだなぁ…、と実感した次第です。



編集O 

スポンサーサイト
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...