原発はコワい!
2011年 03月 25日 (金) 20:59 | 編集
東日本大震災から早や2週間がたちます。

長かったと思う人、あっという間と感じる人、それぞれです。
被災された方々へは、一日でも早く不自由の無い日が来ることを願います。

何とか微力ながらも自らが出来ることを行いたいと思います。
また、ボランティアや救助に当られている方々には本当に頭が下がる思いです。

大地震後の1週間は救助優先で、行方不明者の安否確認のみで、
TV・ラジオのニュースも新聞も報道されてました。

その最中、福島の東京電流の原発が危険…のニュースが取り上げられたのは
3月14日のお昼前!

それまでは異常ナシと伝えられていたのですが、急に白煙が噴出した、と。
何ともオドロキでした。

今回は関東での出来事ですが、関西電力だって、福井県の美浜・高浜にもしっかり原発はあります。

原発が出来た当初は、福島や福井の地域住民への説明は、安全だと語られたことと思います。
しかし、災害が発生してから国民が思うことは、いつも危険と隣同士だったんだ!と。

まして避難を余儀なくされた地域住民の人々は、東京電力へは不信感しかないし、
脱腸の思いでご先祖様からの土地を離れられた人々には無念だと思います。

安全神話が崩れた今、日本はどこへ向かおうとしているのか?

サクラの開花が待たれるこの頃ですが、海外からのツーリストも少なくて…。

一刻も早い善後策が待たれます。

早く日本が元気を取り戻せますことを、切に願う今日です。


販促部:ソフィアさん



















スポンサーサイト
copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...