FC2ブログ
秘密集会タントラ概論出版記念祝賀会
2018年 02月 16日 (金) 23:55 | 編集
本日京都タワーホテルにて、平岡宏一先生 「秘密集会タントラ概論」 出版記念祝賀会が開催された。
平岡宏一先生 「秘密集会タントラ概論」 出版記念祝賀会

秘密集会タントラ概論
秘密集会タントラ概論

平岡宏一著 ISBN:978-4-8318-6370-6
A5 256頁 2018.03 税込3,456円

スポンサーサイト
故阿部正雄先生の教え子さんより
2017年 03月 21日 (火) 22:18 | 編集
達筆のお手紙が届いた。差出人の名前を見ても、すぐには思い出せない。
首をかしげながら、封を切り手紙を開いて、1行目で「あっ」と気づいた。
先日、編集部に、故阿部正雄先生(2006年没)のお墓を教えて欲しいと
電話をかけてこられた、教え子さんであった。
戦後まもなくのころ、京都女専時代に阿部先生に教えを受けたという。
かれこれ70年近くになるはずだから、それなりの年代の方だと思われるが、
電話口ではそれを感じさせない、上品でかくしゃくとした口調で、
「年が年なので終活の一環として、先生のお墓参りをしておきたい」
とおっしゃっておられた。
阿部先生の奥様に問い合わせてお墓の場所を教えてもらい、それをお伝えしたところ、
週末に、無事お参りをすませることができたというお礼のお手紙であった。

戦後を生きるうで、阿部先生からの学んだ仏教が自分を支えてきたと、
そこにはしたためられていた。
法蔵館から刊行された『根源からの出発』『虚偽と虚無』『非仏非魔』の3部作は
求道の書として座右に置いてくださっているのだという。

編集に携わった書籍が、誰かの人生を支えている。
仏教書の出版は、地道で気長な種まきのお手伝いのように思う。

編集T

寺井良宣先生勧学の博士論文出版を祝う会
2016年 10月 06日 (木) 23:56 | 編集
寺井良宣先生勧学の博士論文出版を祝う会
天台円頓戒思想の成立と展開 』の著者 寺井良宣先生の「寺井良宣先生勧学の博士論文出版を祝う会」が開催されました。類書がなく、鎌倉時代以降、天台比叡山で黒谷を拠点に戒律復興を志した学僧たちの事蹟と、そこに成立した円頓戒思想の特色を解明し、その後の比叡山天台では幾度か戒学が振興し、念仏思想を伴った持戒念仏が興ったその展開を跡づけた力作になっております。

天台円頓戒思想の成立と展開
天台円頓戒思想の成立と展開

寺井良宣著
A5 711頁 2016.05
978-4-8318-7387-3 法蔵館
税込12,960円

「ねむり展」のご案内
2016年 03月 16日 (水) 15:25 | 編集
京都大学総合博物館の春期特別展で、「ねむり展」が開催されるそうです会期は4月6日(水)~6月26日(日)まで。

この展覧会の共催として、睡眠文化研究会国際日本文化研究センター・世界睡眠会議(気になりますネw)など、様々な研究機関が名を連ねています。そして、去年弊社より刊行した『夢見る日本文化のパラダイム』の編者である荒木浩先生も、展覧会に協力されているとのことです。

睡眠のあり方が何かと問題になる昨今、この展覧会で「ねむり」について考えてみられるのも良いかもしれません…




寝酒を最近やめた編akkii


盛会だった「木村無相翁33回忌」
2016年 03月 14日 (月) 19:35 | 編集
先般、小社著者の藤枝宏壽先生からご連絡いただき、当ブログでもご案内した
「木村無相翁33回忌」(『念仏詩抄』の著者の33回忌 : 3月6日・福井県越前市にて開催)ですが、
120人もの方々がご参詣され、大変な盛会のうちに終えられたそうです。

その様子を、ちょっとご紹介。

荘厳壇 無相文庫の前に荘厳檀

会場の様子 恩徳讃 全員唱和で円了

詳しくは、 http://ryokeiji.net/05/index.html#musoki enjo まで。


copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...