『新・梵字大鑑』全2巻、間もなくできます!
2015年 11月 04日 (水) 19:24 | 編集
いつもくだらない話ばかりなので、今回は少しだけ真面目なお話しを…。

先の付録DVDの告知にもありましたように、『新・梵字大鑑』全2巻が、間もなく出来て参ります。ただ、「間もなく」と申しましても、読者の皆さまのお手元にお届けできるのは、12月になってしまうのではないかと思います。誠に申し訳ございません。

なぜ、そんなに時間がかかるのかと申しますと…。

印刷はもう疾うに済んでいるのですが、製本および、全2巻と付録DVDを収める凾を作るのに、もうひと手間もふた手間もかかるのです。上製本(表紙が固い本のことです)というのは、製本に非常に時間を費やします。製本を慌てると、ヨレヨレなクタっとした本になってしまいます。ですから、ここは製本所さんが、じっくり丁寧に作ってくださっているのです。何せ、繰り返し開いて、調べて、使っていただく本ですから。

さらに、本2冊および付録DVDを収める凾を作るのにもうひと手間。ぶかぶかすぎることもなく、きつすぎることもなく、ちょうど良い力加減で本の出し入れができる凾を作るには、これまた大変な作業なのです。大切な本を2冊も収める凾ですから、頑丈で、ちょっと豪華な造りになっている分、余計に手間もかかります。

そしてこれらすべての工程を経て書籍を納品していただくには、印刷が済んでから、実に1ヶ月以上かかってしまうのです。

というわけで、わたくしと印刷所さんの手はとっくに離れておりますので、あとは製本所さんと箱屋さんにエールを送るばかりです。これまで、「出るぞ出るぞ詐欺」と言われても致し方なかった本書ですが、今度こそ年内には出来ます。出来るはずです。どうかあと少し、お待ちくださいませ。

……などと言っておきながら、今さら「あ……!」などという間違いがあったらどうしよう? とビクビクしている小心者のわたくしです。


編集O




スポンサーサイト
ブッダの変貌 ――交錯する近代仏教 発売前からツイッターでつぶやき発見
2014年 03月 26日 (水) 23:59 | 編集
ありがたいことに、発売前からツイッターでつぶやいていただきました。

◆ブッダの変貌 ――交錯する近代仏教 【近代史/仏教】
末木文美士、林 淳、吉永進一、大谷栄一共編・A5判・448頁・本体8,000円+税
世界の歴史を動かしたのは、仏教だった! 条約改正や植民地政策の背後には、知られざる仏教者たちの活動があった。より豊かに、したたかに変貌を遂げた近代仏教の実像を解き明かす、世界最前線の近代史論集。

ツイッターでつぶやかれたコメントです。









『それからの納棺夫日記』を読む さみけんぼーの武蔵野大学通信教育部(人間科学部仏教学専攻)日記で紹介
2014年 03月 24日 (月) 23:28 | 編集
さみけんぼーの武蔵野大学通信教育部(人間科学部仏教学専攻)日記で、『それからの納棺夫日記』を紹介していただきました。

<引用>(前略)
お彼岸。自坊でもお講が勤まる。
「光に照らされる」というテーマで、著書を引用しながらお話をさせていただく。

『それからの納棺夫日記』を読む 本誓寺日記~ほんせいじブログ~で紹介
2014年 03月 21日 (金) 23:09 | 編集
本誓寺日記~ほんせいじブログ~で、『それからの納棺夫日記』を紹介していただきました。

<ブログからの引用>
「変わった人だな。クレジットがあった方が宣伝になり本も売れるのに。」と思ったのですが、この本で意味がわかりました。
<中略>
 そのことをあの本では言いたかったのに、映画ではその大事な部分がばっさりと切られていたのです。
 たとえば例として、あの映画では仏教の”枕経”さえ出てこない。(正確には臨終勤行)
 言われてみればそうですね。映画の楽しさのせいで宗教の部分がばっさりと切られいることに気づきませんでした。(^_^;)


『アジアの仏教と神々』をアジアのお坊さん 番外編サイトで紹介
2014年 03月 19日 (水) 20:05 | 編集
ご紹介ありがとうございます。
アジアのお坊さん 番外編で『アジアの仏教と神々』をご紹介いただきました。

アジアの仏教と神々   立川武蔵著
  A5判 352頁 2012.05 978-4-8318-7450-4 法蔵館 税込3150円
 
 仏教と在地の神々の関わりを考察することにより、仏教の生きたすがたを解き明かし、その本質に迫る。執筆者は林淳・蓑輪顕量・大野榮人・池上良正ほか。


copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...