信じるとは何か
2017年 04月 12日 (水) 19:28 | 編集
話題の映画「沈黙」について、スコセッシ監督は、「信じるとは何かを描きたかった」
とインタビューで答えていました。
仏教者の皆様からも、よくこの映画の感想を承ることがあります。

「沈黙」の作者・遠藤周作は、ジョン・ヒックの宗教多元主義を読み、
次の作品「深い河」を執筆したといいます。

本日、久しぶりに宗教哲学者の間瀬啓充先生が編集部にお立ち寄りくださったので、
ひとしきり、ジョン・ヒックの思想についてお話をお聞きしました。

とくに印象的だった言葉。
「信じない人を前にして、信じるとは、どういうことなのか」
「疑うことは、信じることを排除するのか」

「多にして一、一にして多」というグローバリズムは破綻し、
世界は一元主義の流れへ移行しているようにも思えます。
右傾化、レイシズムが顕著なこの情勢をかんがみると
日本もまた、例外ではないように感じます。
2012年に亡くなったジョン・ヒック氏がもしも生きておられたら・・・・・・・。
はて、この状況をどのように受け止められたでしょう。

「言葉じゃない、生活だよ」
間瀬先生から教えていただいたジョン・ヒックの言葉がよぎりました。

編集T





スポンサーサイト
営業の電話
2017年 04月 11日 (火) 23:52 | 編集
週末の自宅に営業の電話がかかってきた。
最初から畳み掛けるように、今インターネット回線を変えたらお得ですよという営業電話だ。
質問されて答えていくと、100円お得になりますという。
安くなるならいいかと変更依頼したものの心配になり請求書確認すると。
なんと90円損してる。
今の方が安い。
来年になれば190円安いことが分かった。
即キャンセルしました。
みなさんも、安いからと飛びつくと損するかもしれませんよ。

電話の次は、電気、ガスと営業が来てます。
この営業の押しを勉強して、自社の営業に行かせたらいいのですが・・・

休み明け月曜日ちょっと体が・・・
2017年 04月 10日 (月) 23:42 | 編集
休み明けは、体が重くなる。
週末の遊びすぎかな?
こどもを相手すると疲れますよね(^_^)/~~~~

渉成園で、「粥膳」を配膳しました
2017年 04月 04日 (火) 23:28 | 編集
東本願寺の春の法要期間中、桜のきれいな庭がある渉成園で、「粥膳」が堪能できます。
今年の桜は、少し早いですが、庭の奥の桜は咲いてました。
本日最終日。寄り合い市も最終日。
料金は、1,800円で、昨年まではなかった、あられがお土産にいただけます。
私は、朝からこのお膳を運んでおりました。
東本願寺枳殻邸の粥膳
枳殻邸の桜


今日は何の日
2017年 03月 14日 (火) 23:58 | 編集
今日は、ホワイトデー。
2月14日にもらった人は倍返しの日!?
子どもが作った残りのクッキーが机の上にありました。
チョコチプ入りでおいしかったです。
ごちそうさま。

copyright (C) 編集室の机から all rights reserved.
designed by polepole...